試行錯誤ダイアリー

新卒エンジニアが日々の技術的な学び,働き方,日々感じたこと等を書きます

ヒューリスティクスとヒューリスティック


ヒューリスティクスとヒューリスティックの違いについて今日ふと気づいたので...

実は恥ずかしいことに,学生時代メタヒューリスティクスの研究をしていたにもかかわらず,今の今までヒューリスティクスとヒューリスティックが違いに気づかなかった.

ちなみに,ヒューリスティクスとはWikipediaによるとこう説明されている.

ヒューリスティック(英: heuristic, 独: Heuristik)とは、必ず正しい答えを導けるわけではないが、ある程度のレベルで正解に近い解を得ることができる方法である。ヒューリスティックスでは、答えの精度が保証されない代わりに、回答に至るまでの時間が少ないという特徴がある。 ヒューリスティクス - Wikipedia

ヒューリスティック(heuristic)とヒューリスティクス(heuristics)

これってロボティック(robotic)とロボティクス(robotics)の違いと同じじゃんということに気づいた.

日本語では

ロボティックが「ロボットの」

ロボティクスが「ロボット学」と表現されるように

ヒューリスティックは
「ある程度のレベルで正解に近い解を得ることができる方法」という概念的なものであって

ヒューリスティクスはそれについての学問の一分野のことを指すんだなと納得した.