試行錯誤ダイアリー

新卒エンジニアが日々の技術的な学び,働き方,日々感じたこと等を書きます

US配列のキーボードを使うメリット・デメリット

PCを使うエンジニアにとっては商売道具と言っても過言ではないキーボード.

日本では主にUS配列とJIS配列の2種類があります.
自分も含め周りにUS配列のキーボードを使用しているエンジニアが多いので,
自分がUS配列を使っていたことで感じたメリット・デメリットを紹介します.

JIS配列とUS配列の違い

まず,JIS配列とUS配列キーボードの図を以下にそれぞれ示します.(Apple.comより引用)

f:id:appli-in:20180516005805p:plain
JIS配列

f:id:appli-in:20180516005830p:plain
US配列

大きな特徴として

  • 記号の位置が違う
  • Enter,Back Space等のキーの大きさに違いがある.
  • 入力切り替えキーの有無

があります.

メリット

ここではUS配列キーボードを使っている中で感じたメリットを紹介します.

ホームポジションがキーボードの中心

上の図でそれぞれのホームポジションの位置を比較すると,

USキーボードではホームポジションがキーボードの中心付近に位置しているのに対して, JISキーボードでは若干左に寄ってしまっています. そのため右側のキーを打鍵するときにホームポジションから離れがちになってしまいます. これは,キーを多くタイプする人にとっては結構大きなロスになってしまいます.

Enterキーが押しやすい

一見,US配列の方がEnterキーが小さいので,押しづらく不便に感じるかもしれませんが,
実は横長のほうがEnterキーが打ちやすいんです.
こちらはホームポジションに手を置いたときの小指のEnterキーまでの距離を比較してみると,

US配列の方がキー1つ分JIS配列に比べて近くなります.
なので,US配列ではホームポジションから手を動かさずEnterキーを押すことができます. JISキーボードでは手を離したときの勢いが余って少し強くEnterキーを押しがちですが, US配列では静かにEnterキーを打つことができます.

よく使う記号が使いやすい位置にある

US配列ではプログラミングする際につかう記号,特にダブルクォーテーションが使いやすいような位置にあります.
プログラミングでは文字列は基本的にダブルクォーテーションでくくる事が多いので, ダブルクォーテーションがJIS配列の位置(左上)にある場合,手の小さい人はホームポジションを崩さなければいけません. 一方で,US配列(右)ではホームポジションを崩さずに打鍵できます. 他にも括弧の位置がJISでは上下に配置されているのに対して,US配列では左右に配置されており,直感的に打鍵しやすい配置になっています.
実際にUS配列でプログラミングしてみると配置が優れていることを感じることができると思います.

デメリット

US配列によるメリットを紹介しましたが,
自分がUS配列に慣れてしまったことで感じたデメリットもありますので紹介します.

入力切り替えキーが無い

これは日本語を使う方には致命的な問題かもしれません. もともとUS配列はアルファベットの入力に向けて作られているので,”英数”と”かな”を切り替えるキーが必要ないのです. なのでUS配列を使いたい場合は,はじめにPCの設定で入力切り替えを別のキーで設定しなければなりません. (場合によっては事前に入力ソースの切り替えのショートカットが設定されている場合があります) ちなみに自分はCtrl+Spaceを入力切り替えとしています.

環境に左右されやすい

US配列ばかり使って慣れてしまっていると,急に他のPCを使うことになったときに配列の違うキーボードに戸惑ってしまうことがあります. このデメリットは外部接続キーボードを用意し,場合によっては持ち歩くことで解決できますが,キーボードを別に持ち運ぶのは結構面倒です. また,学校等にあるPC・会社でノートPCが支給される場合ほとんどがJIS配列なので,US配列に慣れてしまっているとJIS配列に慣れなければいけないことになります.

ノートPCの購入の選択肢が狭まる

家電量販店などで購入できるノートPCのほとんどはJIS配列です.Macでさえも家電量販店ではUS配列がおいていないことがあります(Apple Storeにはあるかもしれません). なのでUS配列のPCを買う際は,基本的にネットで注文及び店舗で取り寄せのような形での購入が多くなってしまいます. ここで注意したいのは,ネット等での購入でも自分の欲しいノートPCにUS配列オプションが存在しない可能性があることです. そのためスペック的には満足しているのにキーボードが...ということで購入を断念する場合も.

まとめ&オススメキーボード紹介

US配列のキーボードを使うメリット・デメリットについて紹介しました. 結局は使う人の環境によって向き不向きがあるとおもいます. エンジニアの方の様に決まったPCを使う事が多く,プログラミングをする機会が多い人などにUS配列のキーボードは向いていると思います. 一方,学校・会社などで共有のPCを使う事が多い方は,JIS配列に慣れてしまった方がストレスなく作業できそうですね.

最後に,自分の使っているUS配列のオススメキーボードを紹介します.

オススメキーボードはこちらです
FILCO Majestouch MINILA Air US67キー

メカニカルキーボードなので軸はそれぞれ好みを選べます.

このキーボードのよいところは 程よいサイズ感と,DIPスイッチでキー配列をキーボード側で好みにいじれる点などありますが, 中でも一押しなのはFnキーがスペースの左右にそれぞれ1つあり, それを押しながら"E,S,D,F,;"のキーを押すとそれぞれ"↑,←,↓,→,Back Space"になる点です. (他にもあるのですが割愛) この機能によって今まで手の移動がほとんどホームポジションから動かないので手元がバタバタしません.

めっちゃオススメです!!